前回までの記事は、「ハマリ」のメカニズムを利用して英語の勉強にハマろうというものです。

そして、その究極の理想像は、「英語の勉強がすごく楽しい!」と興奮的に思えると同時に、「英語の勉強をしているとほっとして落ち着く」ことです。

興奮と癒しの感覚の同居。その実現です。

今回からの記事は、この興奮と癒しの感覚の同居のメカニズムをより実感的にイメージして頂くために、「パチンコに依存している人」を例にして、興奮と癒しの感覚の同居、この2つの快感がどのようにして組み合わさっていくのかをご紹介します。

普段、パチンコには無縁な方も、是非イメージしてみてください。

DVDを見るように。

それができれば、みなさんの脳は英語の勉強にハマル秘訣のひとつを獲得したことになります。

誰かの様子を、実際に見ているかのように具体的にイメージする。

さらに自分がその人になりきっているかのようにイメージする。

すると、脳の中でも、実際にその行動をしているときに起こる脳活動に近いものが現れます。

運動野や体性感覚野などが活動します。

具体的なイメージを作る事が、即、ハマリの秘訣の獲得につながります。

written by wpmaster \\ tags: , , ,

「ほっとする」という快感物質のエンドルフィンは、ストレス物質と並行して出てくることが分かっています。

ストレスはノルアドレナリン系の活動を活発にし、その後、ノルアドレナリン系の活動を抑えるようにセロトニン系の活動を高めます。

ウォーキングなどの、適度なストレスが走行中の爽快感や幸せな感じを伴うのはこれらの物質のおかげです。

パチンコをしていて、全くリーチもこない状態はストレスです。

はずれ続けるリーチの連続はストレス以外の何ものでもありません。

しかし、その分ストレスが大きくなって、エンドルフィンやセロトニン系の放出を促すきっかけになります。

魚群リーチのような大当り確立が高いリーチがかかると、エンドルフィンが大量に放出されます。

そして、ドーパミンの分泌に結びつき、またドーパミンの作用を補助します。

魚群リーチがかかると大当りしやすいという連想には、経験や記憶が関係してきます。

魚群リーチ=大当りということを体感的、無意識的、理論的に知っている訳です。

魚群リーチを見ると大当りの快感を連想しやすく「ほっとする」「気持ちいい」という感覚が生じます。

この無意識の連想は、経験を重ねるにつれて「場所がもたらす癒し」も生み出します。

パチンコ店に入った時から、エンドルフィンやセロトニンが多く出てくる人もいます。

これは、パチンコ依存症の人やパチンコ常連さんにみられます。パチンコ店に入店しただけで、ほっとして落ち着き、癒される訳です。

脳に英語の勉強をハメる レッスン10

昨日、もしくは直近の勉強的な場面を思い出して下さい。

そこで、ストレスと快感が繰り返されるまで思い描いて下さい。

ハマリの裏側にはストレスがあります。

「癒し」と「ストレス」と「記憶」これは密接な関係があります。

written by wpmaster \\ tags: , , , , , ,


TVで紹介されたおもしろい英語の記憶法です!

NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」や「クローズアップ現代」「おもいっきりイイ!!テレビ」など多数のテレビ番組や雑誌、新聞で取り上げられた脳の作り方を英語の勉強法に応用しました。

ご紹介いたしております英語の勉強法は、英語に限らずどの教科にも置き換えてご利用できます。まず最初に、お父様 お母様がご覧いただき、ご理解頂いた上で、お子様の「集中力」「記憶力」「やる気」の向上にご利用下さい。学力アップのお役にたちます。英語の勉強に効果が出るレッスン01~35を、お父様 お母様自身の言葉に置き換え、お子様に一番良い方法でお試し下さい。

強い「集中」「記憶」「やる気」を作ることができます。

脳科学と臨床心理学を応用し「勉強アタマ」を作って「英語の勉強」を、あなたの脳にはめ込むテクニックをご紹介します。忙しくて英語の勉強をする時間がない人。コツコツと英語の勉強が続けられない人。英語の試験が迫っている人。脳にとって効果的な「集中法」「記憶法」「やる気の作り方」を知りたい方におすすめします。脳が勝手に「英語の勉強アタマ」になるので強い「集中」「記憶」「ヤル気」「勝負力」ができます。当サイトでご紹介している内容は英語の勉強以外でも「資格試験」「昇進試験」「TOEIC」「ビジネススキルの向上」など、何にでも応用することができます。

英語の勉強に効果がある35のレッスン法を無料でご紹介中です。

A10神経系・ドーパミン神経系の活動を利用して、あなたの脳を英語の勉強にハメる効果的な方法です。当然ながら個人差はありますが、この方法で脳が勝手に「勉強アタマ」になりますので、強い集中力・記憶力・ヤル気・勝負力が得られます。記憶は呼び起こした時に不安定化し消える事がわかっています。だから思い出す時に、もう一度新しく作り直すことが重要です。記憶を作り直すときに重要なことは理解することです。英語の丸暗記での勉強法はあまり効果的とはいえません。
英語の勉強に効果が出る35のレッスン方法を試してみて下さい。

パチンコに依存するように英語の勉強にハマる

自分の脳が勝手に勉強アタマになる! 強い「集中」「記憶」「ヤル気」「勝負力」ができる!英語の勉強以外でも「資格試験」「昇進試験」「TOEIC」「ビジネススキルの向上」にも応用できる!

いきなり勉強することが苦手な脳に英語の勉強をはめ込んでいく方法があります。

依存とハマリを使った英語の勉強法について詳しくご紹介します。依存とは、「薬物依存」「アルコール依存」「たばこ依存」「ギャンブル依存」など様々な依存がありますが、人間は、実に様々な事柄にハマれます。うっかりするとハマりすぎて、生活破綻をきたしてしまいます。

ギャンブル依存症のチェック

英語の勉強をする儀式を作る!

人間は誰でも三日坊主になりやすい訳です。英語を覚えようとしても長く集中が続かないのは当たり前です。

「なぜ、英語の勉強が続かないんだろう・・・」

「なぜ自分は、三日坊主ばかりなんだろう・・・」

「もっと集中できればいいのに・・・」  そう思っている方は多いでしょう。

脳科学とカウンセリング技法に基づいた「正しい集中法」が役立ちます。

英語の暗記はするな!「強い記憶を作る方法」

暗記をするより強い記憶を作ってしまうことが効果的です。

記憶は神経細胞同士のネットワークのつながりです。脳細胞同士のつながりはいかようにもつけられますが、記憶するには合理的なつながりの方が効果的です。合理的なつながりとは、「理解すること」です。ただの暗記より理解です。

written by wpmaster \\ tags: , , , , ,