最近は甘デジと呼ばれる「大当り確立が100分の1以下程度」のパチンコ台も多数存在しますが、通常のパチンコ台の大当たり確立は300分の1~400分の1ぐらいの大当たり確立なので、そう簡単には大当たりしません。

甘デジは比較的、大当たりしやすい訳ですが、大当り中のラウンドは5~7ラウンドの為、出玉は500発程度です。

通常のパチンコ台は甘デジより大当り確立は悪くなりますが、大当り中のラウンドは15ラウンドが普通であり、一度の大当りで5000円程度の金額になります。

パチンコをしていて大当りした時の脳は、一気にドーパミンが分泌されます。

これは、報酬に対する反応です。

同時に、当たらないストレスから開放されて、エンドルフィンも分泌を増します。

とくにドーパミンは大当り後も高い分泌が続き、次の大当りに対する「渇望」を生み出します。

「もっと儲けたい」というわけです。

脳に英語の勉強をハメる レッスン07

30分でストレスと快感イベントが生じるように、1時間の英語の勉強を設計してみましょう。

これは難問かもしれませんが、定番動作で脳を英語の勉強にハメていきます。

ドーパミンが結びついて快感を生み出すことに、側坐核という神経核が深くかかわります。

ここにドーパミン神経系がアクセスします。

この側坐核は「線条体」の下側に位置します。

線条体は無意識的な運動プログラムが蓄えられる場所です。

この線条体で、無意識な行動と快感の結びつきこそ「やる気」なのです。

written by wpmaster \\ tags: , ,

パチンコ店といえば、店内のBGMとパチンコ台の音が大音量です。

パチンコをしている人の脳は、興奮状態にあると思われがちです。

しかし、実際に脳活動を調べてみると、むしろ鎮静化していることが分かっています。

パチンコ常連さんほど、また、優秀台、長い人気を誇る台ほど、パチンコを打ち始めると速やかに前頭葉が鎮静化していきます。

脳が鎮静化しているので、パチンコをしていると、あっという間に時間が過ぎ去っていくのです。

この鎮静化があるからこそ、リーチや大当りで興奮が際立つのです。

特にドーパミン系は差に対して反応しますので、ベースラインが鎮静化していれば、その分、快感がより強く感じ取られ、印象づけられていくのです。

単に「ドキドキしている」「わくわくする」と感じるだけではなく、それをしていると「ほっとする」「落ち着く」「それがないと変な感じがする」と、鎮静化の状態をいかに実現するかが英語の勉強に「ハマル」上で重要なのです。

そうすると、次の快をじっと待つことができ、また興奮的な快が際立つのです。

脳に英語の勉強をハメる レッスン12

英語の勉強にハマっている自分を想像して下さい。

パチンコをしている人の脳は興奮していると思われがちです。

しかし、実際には鎮静化しているのです。

ドーパミン系は興奮状態の差に対して反応しますので、ベースラインが鎮静化していれば、その分、快感が強く感じられます。

つまり、「ドキドキしている」「わくわくする」と感じるだけでなく、それをしていると「ほっとする」「落ち着く」という鎮静化の状態をいかに実現するかが、ハマる上で重要です。

written by wpmaster \\ tags: , , ,

パチンコ人口は減少傾向にあるとはいえ千数百万人。

20~30兆円産業といわれる巨大産業でパチンコ台も様々な機種が存在します。

そこで、全国のパチンコ店で巨大なシェアを占めている三洋物産の海物語シリーズを例にとって、パチンコと快感の推移をご紹介していきます。

「リーチ」と脳

リーチがかかると「ノルアドレナリン」という心拍数を上げる物質が出てきます。

「ドキドキ」と緊張感が全身に伝わり、心拍数が上昇します。

身体では、アドレナリンの分泌が高まり、戦闘モードに近づきます。

そして、ドーパミンも放出されます。

大当たりに対する期待感(快感の予測)から、ドーパミンも放出され、「わくわく」してきます。

しかし、パチンコはそんなに簡単には大当たりしません。

リーチがかかっても、はずれ慣れがしてくると「ドキッ」ともしなくなります。

「わくわく」もしません。

大当たり信頼度の低い通常リーチでは、「ドキドキ」も「わくわく」もしません。

期待感が持て、かつ、新しい。そういう刺激が「ハマリ」のためには重要です。

written by wpmaster \\ tags: , , , , ,

「ほっとする」という快感物質のエンドルフィンは、ストレス物質と並行して出てくることが分かっています。

ストレスはノルアドレナリン系の活動を活発にし、その後、ノルアドレナリン系の活動を抑えるようにセロトニン系の活動を高めます。

ウォーキングなどの、適度なストレスが走行中の爽快感や幸せな感じを伴うのはこれらの物質のおかげです。

パチンコをしていて、全くリーチもこない状態はストレスです。

はずれ続けるリーチの連続はストレス以外の何ものでもありません。

しかし、その分ストレスが大きくなって、エンドルフィンやセロトニン系の放出を促すきっかけになります。

魚群リーチのような大当り確立が高いリーチがかかると、エンドルフィンが大量に放出されます。

そして、ドーパミンの分泌に結びつき、またドーパミンの作用を補助します。

魚群リーチがかかると大当りしやすいという連想には、経験や記憶が関係してきます。

魚群リーチ=大当りということを体感的、無意識的、理論的に知っている訳です。

魚群リーチを見ると大当りの快感を連想しやすく「ほっとする」「気持ちいい」という感覚が生じます。

この無意識の連想は、経験を重ねるにつれて「場所がもたらす癒し」も生み出します。

パチンコ店に入った時から、エンドルフィンやセロトニンが多く出てくる人もいます。

これは、パチンコ依存症の人やパチンコ常連さんにみられます。パチンコ店に入店しただけで、ほっとして落ち着き、癒される訳です。

脳に英語の勉強をハメる レッスン10

昨日、もしくは直近の勉強的な場面を思い出して下さい。

そこで、ストレスと快感が繰り返されるまで思い描いて下さい。

ハマリの裏側にはストレスがあります。

「癒し」と「ストレス」と「記憶」これは密接な関係があります。

written by wpmaster \\ tags: , , , , , ,