「ギャンブルにハマル」「ネットにハマル」など・・・

ストレスによって「癒し」の快感が増幅され、人間は何かにハマっていくのです。

脳のシステムから見れば、現代のストレス社会が癒しにハマル人々を生み出すのは、当然のことだといえるかもしれません。

逆に英語の勉強にハマリたいなら、日常をストレス化することです。

英語の勉強をしていない状態がストレスであると暗示することです。

もちろん、日常生活が破綻してしまうので、ストレス化はいただけません。

しかし、「英語の勉強をしていない自分」に嫌気のレッテルを張り、「立ち上がって机に向かい英語の勉強をする自分」にプラスのレッテルを張ることは重要です。

ポイントは、長々と嫌気のレッテルを張らないこと。すぐに切り替えることです。

そうしないと日常全体がストレス化し、それこそ真の依存、ワーカホリックとか、勉学依存が生じてしまいます。

脳に英語の勉強をハメる レッスン11

机など英語を勉強する場所に向かう自分をイメージして下さい。

人間はストレスによって「癒し」の快感が増幅され、何かにハマっていくのです。英語の勉強にハマるには、日常をストレス化することです。英語の勉強をしていない状態がストレスを感じると暗示することです。「英語の勉強をしていない自分」に嫌気のレッテルを張り、「机に向かう自分」にプラスのレッテルを張ることが重要です。ポイントは、長々と嫌気のレッテルを張らず、すぐに切り替えることです。

written by wpmaster \\ tags: , , ,

人間は食事をとった後に、過度の糖質を摂取すると側坐核が活性化します。

食後に美味しいデザートを食べる事は、側坐核で覚せい剤などの薬物を摂取したのと同じレベルのドーパミンが分泌されます。

食後のデザートを自分のご褒美とすることは、実は脳をハメル良い方法にです。

しかし、うまくハマリやすいものほど依存しやすくなる事を忘れてはいけません。
ハマリやすい報酬ほど、強迫的で反復的な行動を起こしてしまう危険があります。
ドーパミン神経系の活動は「報酬」を超え「渇望感」を生み出してしまうからです。

何かが不足していると感じ、何かを欲することが「渇望感」です。

ギリギリの渇望感は、本気の英語の勉強には必須ですが、渇望感が日常生活全般を覆ってしまうと、強迫的で反復的な行動が生じてしまいます。

これでは本当の「依存」が生じてしまいます。

では「依存」を避けつつ、うまく英語の勉強に「ハマル」にはどうすればいいでしょうか?

そのためのポイントは、日常生活の満足感です。日常生活の中に、きちんとした快感や満足感を見出しておくことが重要です。

依存症とハマリを分けるもの。その大きなメルマーク(指標)は、社会的に適応できているかどうかです。
ギャンブル依存症の診断のページで紹介したように、ハマリと依存を分ける大きなメルマークは、社会的な破綻が起きているかどうかです。

脳に英語の勉強をハメる レッスン04

何があっても大切にしたい日常的な「何か」を3つ書き出して下さい。

依存を避けつつ上手にハマるには、日常生活の満足感が重要です。

日常生活の中に、きちんとした快感や満足感を見出しておくことが重要です。依存とハマりを分けるものは、社会的に適応できているかどうかです。ギャンブル依存などの依存とハマリを分ける大きな違いは、社会的な破綻が起きているかどうかです。

written by wpmaster \\ tags: , , , , ,


TVで紹介されたおもしろい英語の記憶法です!

NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」や「クローズアップ現代」「おもいっきりイイ!!テレビ」など多数のテレビ番組や雑誌、新聞で取り上げられた脳の作り方を英語の勉強法に応用しました。

ご紹介いたしております英語の勉強法は、英語に限らずどの教科にも置き換えてご利用できます。まず最初に、お父様 お母様がご覧いただき、ご理解頂いた上で、お子様の「集中力」「記憶力」「やる気」の向上にご利用下さい。学力アップのお役にたちます。英語の勉強に効果が出るレッスン01~35を、お父様 お母様自身の言葉に置き換え、お子様に一番良い方法でお試し下さい。

強い「集中」「記憶」「やる気」を作ることができます。

脳科学と臨床心理学を応用し「勉強アタマ」を作って「英語の勉強」を、あなたの脳にはめ込むテクニックをご紹介します。忙しくて英語の勉強をする時間がない人。コツコツと英語の勉強が続けられない人。英語の試験が迫っている人。脳にとって効果的な「集中法」「記憶法」「やる気の作り方」を知りたい方におすすめします。脳が勝手に「英語の勉強アタマ」になるので強い「集中」「記憶」「ヤル気」「勝負力」ができます。当サイトでご紹介している内容は英語の勉強以外でも「資格試験」「昇進試験」「TOEIC」「ビジネススキルの向上」など、何にでも応用することができます。

英語の勉強に効果がある35のレッスン法を無料でご紹介中です。

A10神経系・ドーパミン神経系の活動を利用して、あなたの脳を英語の勉強にハメる効果的な方法です。当然ながら個人差はありますが、この方法で脳が勝手に「勉強アタマ」になりますので、強い集中力・記憶力・ヤル気・勝負力が得られます。記憶は呼び起こした時に不安定化し消える事がわかっています。だから思い出す時に、もう一度新しく作り直すことが重要です。記憶を作り直すときに重要なことは理解することです。英語の丸暗記での勉強法はあまり効果的とはいえません。
英語の勉強に効果が出る35のレッスン方法を試してみて下さい。

パチンコに依存するように英語の勉強にハマる

自分の脳が勝手に勉強アタマになる! 強い「集中」「記憶」「ヤル気」「勝負力」ができる!英語の勉強以外でも「資格試験」「昇進試験」「TOEIC」「ビジネススキルの向上」にも応用できる!

いきなり勉強することが苦手な脳に英語の勉強をはめ込んでいく方法があります。

依存とハマリを使った英語の勉強法について詳しくご紹介します。依存とは、「薬物依存」「アルコール依存」「たばこ依存」「ギャンブル依存」など様々な依存がありますが、人間は、実に様々な事柄にハマれます。うっかりするとハマりすぎて、生活破綻をきたしてしまいます。

ギャンブル依存症のチェック

英語の勉強をする儀式を作る!

人間は誰でも三日坊主になりやすい訳です。英語を覚えようとしても長く集中が続かないのは当たり前です。

「なぜ、英語の勉強が続かないんだろう・・・」

「なぜ自分は、三日坊主ばかりなんだろう・・・」

「もっと集中できればいいのに・・・」  そう思っている方は多いでしょう。

脳科学とカウンセリング技法に基づいた「正しい集中法」が役立ちます。

英語の暗記はするな!「強い記憶を作る方法」

暗記をするより強い記憶を作ってしまうことが効果的です。

記憶は神経細胞同士のネットワークのつながりです。脳細胞同士のつながりはいかようにもつけられますが、記憶するには合理的なつながりの方が効果的です。合理的なつながりとは、「理解すること」です。ただの暗記より理解です。

written by wpmaster \\ tags: , , , , ,