パチンコ店といえば、店内のBGMとパチンコ台の音が大音量です。

パチンコをしている人の脳は、興奮状態にあると思われがちです。

しかし、実際に脳活動を調べてみると、むしろ鎮静化していることが分かっています。

パチンコ常連さんほど、また、優秀台、長い人気を誇る台ほど、パチンコを打ち始めると速やかに前頭葉が鎮静化していきます。

脳が鎮静化しているので、パチンコをしていると、あっという間に時間が過ぎ去っていくのです。

この鎮静化があるからこそ、リーチや大当りで興奮が際立つのです。

特にドーパミン系は差に対して反応しますので、ベースラインが鎮静化していれば、その分、快感がより強く感じ取られ、印象づけられていくのです。

単に「ドキドキしている」「わくわくする」と感じるだけではなく、それをしていると「ほっとする」「落ち着く」「それがないと変な感じがする」と、鎮静化の状態をいかに実現するかが英語の勉強に「ハマル」上で重要なのです。

そうすると、次の快をじっと待つことができ、また興奮的な快が際立つのです。

脳に英語の勉強をハメる レッスン12

英語の勉強にハマっている自分を想像して下さい。

パチンコをしている人の脳は興奮していると思われがちです。

しかし、実際には鎮静化しているのです。

ドーパミン系は興奮状態の差に対して反応しますので、ベースラインが鎮静化していれば、その分、快感が強く感じられます。

つまり、「ドキドキしている」「わくわくする」と感じるだけでなく、それをしていると「ほっとする」「落ち着く」という鎮静化の状態をいかに実現するかが、ハマる上で重要です。

written by wpmaster \\ tags: , , ,

パチンコ人口は減少傾向にあるとはいえ千数百万人。

20~30兆円産業といわれる巨大産業でパチンコ台も様々な機種が存在します。

そこで、全国のパチンコ店で巨大なシェアを占めている三洋物産の海物語シリーズを例にとって、パチンコと快感の推移をご紹介していきます。

「リーチ」と脳

リーチがかかると「ノルアドレナリン」という心拍数を上げる物質が出てきます。

「ドキドキ」と緊張感が全身に伝わり、心拍数が上昇します。

身体では、アドレナリンの分泌が高まり、戦闘モードに近づきます。

そして、ドーパミンも放出されます。

大当たりに対する期待感(快感の予測)から、ドーパミンも放出され、「わくわく」してきます。

しかし、パチンコはそんなに簡単には大当たりしません。

リーチがかかっても、はずれ慣れがしてくると「ドキッ」ともしなくなります。

「わくわく」もしません。

大当たり信頼度の低い通常リーチでは、「ドキドキ」も「わくわく」もしません。

期待感が持て、かつ、新しい。そういう刺激が「ハマリ」のためには重要です。

written by wpmaster \\ tags: , , , , ,

「ギャンブルにハマル」「ネットにハマル」など・・・

ストレスによって「癒し」の快感が増幅され、人間は何かにハマっていくのです。

脳のシステムから見れば、現代のストレス社会が癒しにハマル人々を生み出すのは、当然のことだといえるかもしれません。

逆に英語の勉強にハマリたいなら、日常をストレス化することです。

英語の勉強をしていない状態がストレスであると暗示することです。

もちろん、日常生活が破綻してしまうので、ストレス化はいただけません。

しかし、「英語の勉強をしていない自分」に嫌気のレッテルを張り、「立ち上がって机に向かい英語の勉強をする自分」にプラスのレッテルを張ることは重要です。

ポイントは、長々と嫌気のレッテルを張らないこと。すぐに切り替えることです。

そうしないと日常全体がストレス化し、それこそ真の依存、ワーカホリックとか、勉学依存が生じてしまいます。

脳に英語の勉強をハメる レッスン11

机など英語を勉強する場所に向かう自分をイメージして下さい。

人間はストレスによって「癒し」の快感が増幅され、何かにハマっていくのです。英語の勉強にハマるには、日常をストレス化することです。英語の勉強をしていない状態がストレスを感じると暗示することです。「英語の勉強をしていない自分」に嫌気のレッテルを張り、「机に向かう自分」にプラスのレッテルを張ることが重要です。ポイントは、長々と嫌気のレッテルを張らず、すぐに切り替えることです。

written by wpmaster \\ tags: , , ,

わくわく」「ドキドキ」の快と、

落ち着く」「癒される」快、

この組み合わせが大切です。

この2つの快の支え合いが「ハマリ」の奥底にあります。

例えばジェットコースターに乗ったことを考えてみます。

これは人にもよりますが、ジェットコースターのスリルで興奮状態が上がり「快感だ」ということは想像しやすいでしょう。

すると、「わくわく」「ドキドキ」の興奮の反動のように「ほっとする」気持ちが落ち着いていく、鎮静化していく様子が想像できると思います。

「危険回避の快」
「ほっとする」
「落ち着く」
「なんとなくボーっとする」
「頭が止まった感じ」
「軽く疲れた感じ」

興奮の後の鎮静感が満足感を生み、「待てる心」を作ります。

興奮状態の快感と、癒しの快感。

この2つの組み合わせこそが、「ハマリ」を支えるメカニズムです。

反復を生む仕組みです。

written by wpmaster \\ tags: , , , ,