英語の勉強に入る「儀式」には心を込める

人間の脳は「心を込めた」方が前頭葉が活性化することが実験で分かっています。

机の上を拭くときでも、心を込めた方が活性化します。

これは何にでもあてはまることが分かっています。

「掃除機をかけるとき」

「筋トレを行うとき」

など、体を使った動作には「心を込めた」方が活性化するのです。

皆さんも小さい頃に、おじいさんおばあさん、先生から、

「何をするにも心を込めてやりなさい」と言われたことがあると思います。

そんなとき、「心を込めても込めなくても同じさ。」

「同じことをするのだから・・・」と思った方もいるでしょう。

しかし、脳では気持ちを込めるかどうか、心を込めるかどうかで、

その脳活動、とりわけ前頭前野の活動が違うのです。

昔からいい継がれてきたことには、それなりの脳的意味があるのです。

何事も適当にやっていたのでは、なかなか慣れませんし、

脳が自動化を進めてくれません。

ですから、英語の勉強に入る儀式は心を込めて行うべきです。

脳に英語の勉強をハメる レッスン15

「右手で鼻をつまんで下さい」

「左手で右耳をつまみます」

「目の前で拍手して、左右を入れ替えます」

「次は二拍たたいて入れ替えます」

「一拍、二拍、三拍・・・とたたく回数を増やしていきます」

人間は何かを繰り返してやるとき、最初に心を込めた方が強く活性化され、また鎮静化も速やかに起こります。

適当にやると慣れないため、脳が自動化を進めてくれません。

「入りの儀式」として心をこめて行うと効果的です。

PIATA-JAPAN. \\ tags: