心を込めた「入りの儀式」

机の上を拭く時でも、掃除機をかけるときでも気持ちを込めた方が脳は活性化します。

脳は、気持ちを込めるかどうか、心を込めるかどうかで、前頭前野の脳活動に違いが生じます。

何かを繰り返してやるとき、最初に心を込めた方が強く活性化され、また脳の鎮静化も速やかに起こります。

何事も適当にやっていたのでは、なかなか慣れませんし、脳が自動化を進めてくれません。

「入りの儀式」の最初は「心を込めて」行うべきです。

それが、速やかな癒しを生み、待てる心の準備を早めます。

脳に英語の勉強をハメる レッスン15

「右手で鼻をつまんで下さい」

「左手で右耳をつまみます」

「目の前で拍手して、左右を入れ替えます」

「次は二拍たたいて入れ替えます」

「一拍、二拍、三拍・・・とたたく回数を増やしていきます」

人間は何かを繰り返してやるとき、最初に心を込めた方が強く活性化され、また鎮静化も速やかに起こります。

適当にやると慣れないため、脳が自動化を進めてくれません。「入りの儀式」として心をこめて行うと効果的です。

PIATA-JAPAN. \\ tags: