集中に入る「儀式」を作る

英語の勉強を始める上で、あらためて重要になってくるのが、英語の勉強を始めるときの儀式です。

それも単に気持ちの上の儀式ではなく、動作をともなうものです。

すでに以前の記事でご紹介しましたように、「ヤル気の回路」は無意識的な動作の回路とかぶっています。

その分、体を動かすことが「ヤル気」を生み出す上で役立ちます。

ヤル気を維持する上でも、大きな役割を果たします。

例えば、下記で紹介する例が集中に入る儀式です。

高見盛の塩まき、体をたたく動作。

イチローがバッターボックスに入るまでの手順、入った後の所作。

ゴルフのアドレス。

このように、アスリートは様々な「入りの儀式」を持っています。

脳に英語の勉強をハメる レッスン14

直近で、もっとも集中できたときの様子をDVDを見るように具体的に思い出して下さい。

集中に入る儀式を作ります。人間はいきなり物事を始められません。英語の勉強の始め方をパターン化しておくと、始めやすくなります。

PIATA-JAPAN. \\ tags: