パチンコ常連さんほど脳が鎮静化している

パチンコ店といえば、店内のBGMとパチンコ台の音が大音量です。

パチンコをしている人の脳は、興奮状態にあると思われがちです。

しかし、実際に脳活動を調べてみると、むしろ鎮静化していることが分かっています。

パチンコ常連さんほど、また、優秀台、長い人気を誇る台ほど、パチンコを打ち始めると速やかに前頭葉が鎮静化していきます。

脳が鎮静化しているので、パチンコをしていると、あっという間に時間が過ぎ去っていくのです。

この鎮静化があるからこそ、リーチや大当りで興奮が際立つのです。

特にドーパミン系は差に対して反応しますので、ベースラインが鎮静化していれば、その分、快感がより強く感じ取られ、印象づけられていくのです。

単に「ドキドキしている」「わくわくする」と感じるだけではなく、それをしていると「ほっとする」「落ち着く」「それがないと変な感じがする」と、鎮静化の状態をいかに実現するかが英語の勉強に「ハマル」上で重要なのです。

そうすると、次の快をじっと待つことができ、また興奮的な快が際立つのです。

脳に英語の勉強をハメる レッスン12

英語の勉強にハマっている自分を想像して下さい。

パチンコをしている人の脳は興奮していると思われがちです。

しかし、実際には鎮静化しているのです。

ドーパミン系は興奮状態の差に対して反応しますので、ベースラインが鎮静化していれば、その分、快感が強く感じられます。

つまり、「ドキドキしている」「わくわくする」と感じるだけでなく、それをしていると「ほっとする」「落ち着く」という鎮静化の状態をいかに実現するかが、ハマる上で重要です。

PIATA-JAPAN. \\ tags: , , ,